KNOWLEDGE ABOUT SPOT

シミについて

シミは肌にメラニン色素が蓄積されると色素沈着となり、この色素沈着が黒くなりこれをシミといいます。

シミが作られる原因は紫外線によるダメージが大きいです。
紫外線のほかには生活習慣の問題や睡眠不足、年齢を重ねることによって代謝力の低下などもシミができる原因になります。

肌が紫外線を浴びると、メラノサイトという細胞でメラニンという黒い色素シミを作ります。 人間の肌の皮膚は、いくつもの層になっています。肌のシミを作る元は、皮膚の内側にある色素形成細胞のメラノサイトなのです。基底層にメラノサイトが紫外線などのダメージを受けると皮膚を守ろうと防御機能が活性化してメラニン色素が作り出されます。 ニキビが黒く変色して痕になってしまうのも、メラニン色素が原因となっています。

メラノサイトへ刺激を与える要因は、紫外線や炎症の他にも加齢、ストレス、ホルモンバランスの変化等が挙げられます。
通常は、メラニン色素は皮膚のターンオーバーにより排泄されるのですが、ターンオーバーが狂っていたり、メラニンの生成される量が多すぎると排出しきれずに肌にたまってしまうことでシミとなってしまいます。

また、肌のシミにはいくつか種類があります。 多くの女性が悩んでいるという肝斑、遺伝的要因が強いとされるそばかす、炎症の後が黒く残ってしまう炎症性色素沈着などです。
種類によって対策方法も違ってきますので、自分が悩んでいる肌のシミがどんなものなのかを、まずはしっかり把握するようにしましょう。

肌のシミの原因は紫外線によるものですから、シミを作らせないためにも日焼け止めや美白化粧品を使って春から夏の間だけでなく、1年通しての紫外線対策が重要になります。シミはまだ肌表面に現れていない10代の頃からケアするのが理想で、大人になっても根気強くシミケアを継続することが大切になってきます。

シミの原因

シミの原因1* 紫外線によるダメージ

シミ・しわ・くすみは、年齢を重ねると自動的にできるわけではありません。
シミ・しわができた時に、年だからしょうがないとあきらめていませんか。
肌のシミの原因は、紫外線によるダメージが大きいです。 普段太陽の日光に当たらないおしりには、シミなどはできていないと思います。

なので、普段太陽の日光に当たりやすい顔などにシミができやすくなります。シミ・しわ・くすみは、太陽の日光による紫外線を受けなければ防げる肌トラブルなのです。普通の人は、太陽の日光をずっと当たらないように生活するのは不可能だと思います。
そこで、できてしまったシミ取りやこれからできるシミ予防にシミ取り化粧品でのスキンケアが重要になるのです。

シミの原因2* 間違ったスキンケア方法

肌に合わないシミ取り化粧品を使っていたり、洗顔をする時に力一杯ゴシゴシ洗っていたり、間違ったスキンケアをしていたらシミの発生を予防できません。
すぐに今やっている間違ったスキンケアをやめて、効果のあるシミ取り化粧品を使って正しいスキンケア方法を実践するようにしましょう。

シミの原因3* ストレス

シミの元のメラニン色素は神経細胞の親類にあたります。
精神的なストレスを強く受けてしまい睡眠が不足したり、食生活のバランスが崩れたりするとシミが作られる場合があります。また身体的なストレスで、過度なダイエットなどもこれに当たるでしょう。

シミの原因4* ホルモンバランス

女性ホルモンの分泌量は生理の周期によって変わりますが、生理前のホルモンバランスの崩れた時期にはシミが出来やすいです。 ホルモンバランスが崩れた状態では、シミが出来やすいので、シミを防ぐためにはホルモンバランスをある程度は安定に保つ必要があります。

シミの種類

シミは、メラニン色素の集まったもので、色素沈殿と言います。 紫外線のダメージにより、肌のメラノサイトが反応して、メラニン色素が作られます。
通常ですと、皮膚のターンオーバーによって、再生された皮膚によって回復するのですが、そのまま残ってしまったのが、シミの原因となるわけです。

シミにもいろいろな種類があります。 多くの女性が悩んでいるという肝斑、遺伝的要因が強いとされるそばかす、炎症の後が黒く残ってしまう炎症性色素沈着などです。 原因も様々で、なかなか判断しにくいものです。

老人性色素斑

老人性色素斑

老人性色素班(ろうじんせいしきそはん)とは、紫外線が原因となってできるシミになります。
名前に老人性とついてますが30代を過ぎたら出来てしまう人もいます。特に若い頃からスポーツなどして日焼けをよくしていた人ほどできやすいシミになります。なので若いから大丈夫と油断はできないのです。
老人性色素班の特徴としては、日光黒子とも呼ばれており紫外線の影響が大きく、頬骨など紫外線の当たりやすい部分に出来やすいようになっています。
シミの大きさは小さなものから、大きなものまで様々な大きさでできてしまいます。

若い頃は、肌の新陳代謝が活発なので紫外線によるダメージのメラニン色素を自力で排出してくれますが、年齢を重ねるごとに新陳代謝が低下するため、メラニン色素を排出できずにシミになってしまいます。
まずは、シミ取り化粧品でのスキンケアも大事ですが、外出する時など紫外線対策が重要です。帽子を被ったり、日焼け止めを塗ったり、日傘を差すなど紫外線を受けないように努力しましょう。
老人性色素班のシミは、初期のものはシミ取り化粧品で薄くすることも消すこともできるので、あきらめずに顔のシミ取りを行いましょう。

脂漏性角化症

脂漏性角化症

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)とは、老人イボと言われる、高齢者に多くみられるイボ状に盛り上がったようなシミになります。
シミの大きさは数ミリから数センチとさまざまな大きさです。出来る原因としては、やはり紫外線によるダメージや皮膚の老化があります。
男性では40代以上、女性では30代以上から発生しやすくなります。出来る場所は手のひらや足の裏以外の身体のどこにでも出来てしまいます。
また、シミの老人性色素斑から、症状が悪化して脂漏性角化症になってしまいます。

最初は、小さなほくろのような感じですが、徐々に盛り上がってきて脂漏性角化症になるので、しっかりとシミの予防対策のスキンケアすることが大事になります。
脂漏性角化症のシミは、美容外科や皮膚科でのレーザー治療でないとシミ取りができにくい特徴があります。特に顔の目立つ所に出来てしまった場合には美容外科や皮膚科で治療するのが良いです。
ですが、最初のものは美白化粧品で薄くすることも消すこともできるので、しっかりと顔のシミ予防と対策を行いましょう。

雀卵斑

雀卵斑

雀卵斑(じゃくらんはん)とは、いわゆるそばかすのことです。小さな茶色い斑点が、鼻を中心に散らばったようにできます。
色素斑がスズメの卵の表面にみえることから雀卵斑と言われています。
雀卵斑は、遺伝の影響が強く幼少の5~6歳頃から思春期にかけてできるようになり、大人になると徐々に消えていきます。 ですが、このそばかすもしっかりとスキンケアをしないで放っておくと悪化してシミになる原因になります。

そばかすができる原因は、親の遺伝、紫外線、ストレス、睡眠不足などがあります。ストレスが溜まったり睡眠不足が続くとお肌の新陳代謝が衰えてしまい、メラニン色素を含んだ細胞を蓄積してそばかすの原因になります。
対処法としては、紫外線対策をしたり、バランスの良い食事をしたり、生活習慣を改善することで防ぐことができます。 紫外線対策としては、日焼け止めを塗る、帽子を被る、日傘を差すなどしましょう。
そばかすは、シミの原因にもなるので、毎日の生活を気をつけて行動しましょう。

炎症性色素沈着

炎症性色素沈着

炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)とは、かぶれや火傷やニキビなど、皮膚に炎症を起こした後にできるシミになります。
その他にも、香水や薬を塗った箇所がかぶれて色素沈着を起こす場合、虫さされの跡や脱毛した後の毛穴の黒ずみも炎症性色素沈着のひとつです。
生活習慣など日常生活が原因で、シミになってしまうので気を付けなければいけません。特に肌が弱い人は注意しましょう。

炎症性色素沈着は、だんだん薄くなり消えていくのですが、毎日紫外線を浴び続け皮膚の炎症が悪化すると、濃くなってシミが消えなくなってしまうので注意が必要です。
長時間、日光にあたると皮膚のかぶれや火傷やニキビなどがさらに濃く沈殿することがシミの原因となってしまいます。
シミを悪化させないように、紫外線対策をすることが大切です。他にも合わない香水は使わないようにしたり、無理な脱毛はしないことも大切です。また、なかなかシミが消えない時はシミ取り化粧品を使って早めのスキンケアを心がけましょう。

肝斑

肝斑

肝斑(かんぱん)とは、女性の頬にできる左右対称性のはっきりとしたシミです。30~40歳代の女性に多くみられます。
女性ホルモンが関係しているといわれており、更年期や妊娠・出産時期に出来やすいです。 高齢になるとシミが自然に消えることから、女性ホルモンが関係されているといわれています。
女性ホルモンの作用で、メラニン色素を作り出す細胞がどんどん活性化した結果、肝斑となるのです。 女性ホルモンが影響していることで、月経時や妊娠、出産の際に色が濃くなることがあるのが特徴です。
また、紫外線がきびしくなる夏にシミが目立つようになり、冬には薄くなることが多いので、紫外線が関係しているといわれています。

予防策としては、紫外線は避けるか防ぐようにして、仕事や育児などのストレスでも悪化するので生活習慣に気を付けましょう。さらに、ホルモンバランスを整える働きがある大豆で出来た食品を摂るようにしましょう。
美容外科や皮膚科によるレーザー治療はシミを濃くしてしまう場合があるのでシミ取り化粧品を使ってスキンケアすることが効果的です。

花弁状色素斑

花弁状色素斑

花弁状色素斑【かべんじょうしきそはん】とは、海水浴など強い紫外線を受けて日焼けをした後にできることが多いシミのことです。
1~2mmくらいの大きさの小さな花弁状の斑点で、肩から背中にできやすいです。
また、20~30歳の年代の方に多くでき、日焼けをしたら皮膚が赤くなってしまう方に出来やすいシミと言われています。
対処法は、日焼け止めをしっかりと塗って、紫外線対策をしっかり行うことが重要になります。顔だけではなく、体にもしっかりと塗らなければなりません。

特に、紫外線が強い夏には気を付けなければいけません。海水浴に行く時には必ず日焼け対策をしましょう。また、日焼け止めは水や汗で流れてしまうのでこまめに塗り直すのも大事です。
花弁状色素斑は、日焼けをすることによってできるシミですが、シミができた時はしっかりとシミ取り化粧品でスキンケアをするようにしましょう。

シミのチェック方法

シミに悩んでいる方も多いと思います。特に年配の方に多いのでないでしょうか。 安心してほしいのは、シミはいきなり出来るわけではないのです。シミができる前にはできる前兆があるのです。

シミを防ぐためにも、自分の肌にシミができる前兆がないか確認してシミができる前に早期発見することが大事になります。 そのためにも、定期的に肌をチェックするように習慣化しましょう。

シミのチェック方法

蛍光灯を肌に近づけて見るか、ガラス越しに入る日光で鏡を見てみましょう。 あまり気づかない、小さい薄いシミや皮膚の下に隠れているシミを見つけることができます。
シミを発見したら、紫外線対策を徹底するようにしましょう。 そして、シミを消すためにシミ取り化粧品を使ってケアするようにすることが大切になります。

シミができやすい箇所

シミは点のように小さいものではなく、ある程度の大きさの斑点です。 額やほお、鼻の下などシミができる場所は決まっているのです。

シミのセルフチェック

1. 紫外線対策は夏しかしない。
2. 太陽の陽射しが強い日にしか紫外線対策をしない。
3. 室内では紫外線対策はしていない。
4. 日焼けをするのが好きである。
5. 日焼け止めクリームは一日中塗ったままでいる。
6. 睡眠時間が短い。
7. タバコを吸う。
8. ストレスが溜まりやすい。

以上の8項目中3つ以上当てはまっていれば、シミができやすい肌状態になっているので、注意が必要になってきます。

シミの予防・対策方法

シミを予防・対策するには、毎日の生活から気を配ることが大切です。 自分には関係ないと考えずに、誰にでもシミができると認識して生活をしましょう。 そして、シミができないように予防対策をしていきましょう。

シミの予防・対策には、毎日のスキンケアと紫外線対策が効果的です

シミができにくい肌になるには、日々の紫外線対策はもちろんですが、化粧品を使って保湿を与えて肌が乾燥しないようにします。 シミは、みずみずしい水分が多い肌にはできにくいからです。
また、美白効果があるシミ取り化粧品で肌の奥深くにあるメラニン色素を排除することも大切になります。 シミをなんとかするには、保湿ケアをしっかりするということは忘れないでください。

日焼け止めと美白化粧品を併用しましょう

紫外線対策は日焼け止めだけでは完全に防ぐことは難しいんです。 しかも、日焼け止めは効果を維持させるために何度も塗り直さないといけません。
そこでシミ予防・対策にオススメなのは、日焼け止めと美白化粧品を併用して使うことです。 特に美白成分のハイドロキノンを配合した化粧品は、日焼け止めを通り抜けて紫外線が肌に入ってもメラニンを作らせない効果が期待できます。

ストレスをためないようにしましょう

仕事や家事や育児などによるストレスもシミの原因になります。 ストレスで肌の再生を遅らしたり、肌分泌がうまくいかないことによってシミができてしまいます。
女性は特に身体にストレスがたまったり、生活の乱れが原因でホルモンバランスが崩れ、肌荒れや体調不良になってしまいます。 肉体的な疲労によるストレスや、人間関係などによる精神的なストレスなどは美容や美肌の大敵となります。

また、ストレスはシミの原因となるメラニン色素の働きを活発にし、シミやくすみを発生させるための誘発するとも言われています。 身体に蓄積したストレスは、皮膚の血管を収縮させて、男性ホルモンの増加や免疫機能の低下を引き起こしてしまい肌トラブルの原因となります。
ストレスに感じることや感じ方は人によって違うと思います。 そこで、シミが出来ないようにするためにも、自分に合ったストレス解消方法を探して、ストレスをためこまないようにこまめにリフレッシュすることを心がけましょう。

ホルモンバランスを整えましょう

ホルモンバランスの崩れもシミの原因になります。 生理や妊娠が原因で肌のターンオーバーがうまく機能せずに、メラニンが過剰に生成されシミができやすくなったりもします。

女性ホルモンはストレスにとても敏感です。そのほかにも、睡眠や食事などの影響がとても出やすいです。 規則正しい生活とバランスの良い食事に気をつけることで、ホルモンバランスを整え、シミを予防しましょう。

グランシス人気のシミ改善体験プラン!!
Gransis人気No.1レーザー不使用!!シミ排出再生ケア 30倍高速再生でシミが排出される 初回 All ¥5,400 詳細はこちら Gransis人気No.1レーザー不使用!!シミ排出ケア 痛くない・メイクもOK・スピード改善 初回 All ¥5,400 詳細はこちら